トップ  カートをみる  ご利用案内  お問合せ  お客様の声  会社情報  サイトマップ

新聞スクラップの方法を比較 | 本格的ブックスキャナー スキャネックス

新聞スクラップ

新聞スクラップの種類と特徴

新聞の切り抜きをスクラップするには、いくつかの方法があります。
スクラップの方法を3種類に大別し、それぞれの特徴(長所と短所)を見ていきましょう。

項目 スキャナー
(スキャンしてフォルダに保存)
ノート
(ノートに貼り付け)
クリアファイル、封筒
(ファイルに分別して保存)
作業時間
保管場所 × ×
携帯性(持運び)
(スマホ・タブレットで全てのファイルが見られる)

ノートで持ち運び

封筒ごと持ち運び
劣化
半永久的
× ×
道具(手間)
スキャナー・PCが必要

ノート・はさみ・のり

ファイル・はさみ
編集(切り貼り)
切り貼り自由

ノートに切り貼り

紙に切り貼り
書き込み
日付、新聞名、コメントなどを書き込める

ノートに書き込む

新聞の余白に書き込む
裏面のスクラップ

コピーが必要

裏面も見ることができる
分類整理
フォルダで管理

ノートを分類別に分ける

ファイルを分類別に分ける
キーワード検索
OCRに掛けるとキーワード検索が出来る
× ×

ノートやクリアファイル・封筒を使った新聞のスクラップは、量が増えてくると保管場所の確保や分類整理、欲しい情報の検索が大変です。また、新聞が劣化する(黄ばむ)ので、長期の保存にも限界があります。
表で分かる通り、スキャナーを使って新聞スクラップをすると、以上の問題を解決することができます。

では、AMTワールドで取り扱っているスキャネックスで、実際に新聞をスクラップする方法を見ていきましょう。

スキャネックスで新聞のスクラップをする手順
  1. スキャンしたい箇所を範囲指定してスキャンします。
    • スキャネックスは、新聞をパソコン画面で見ながら、スキャンしたい場所を範囲指定できるので、簡単にスキャンできます。

      パソコン画面
      ・マウスをクリックして範囲指定(緑色)します。

  2. ファイル名(タイトル、新聞名、日付)を付けて、PDFでフォルダ別に保存します。
    (PDF・OCR、Word、リッチテキストで保存すると、検索が可能です。)

    保存画面

スキャンした新聞(画像)を切抜き編集する手順

範囲指定してスキャンした新聞(画像)からさらに必要な箇所だけを切抜き編集することもできます。

  1. スキャネックスで新聞をスキャンします。
  2. スキャンした新聞(画像)の中の、切り抜きたい箇所を範囲指定(青色)して、ホワイトキャンバスにドラグ&ドロップします。
    通常のスキャナーでは、スキャン⇒保存⇒ファイルを開く⇒編集ソフト起動⇒編集⇒保存と、多くの作業が必要でした。
    スキャネックスでは、スキャン⇒編集⇒保存と、作業を一気に行うことができるので楽です。
    【所要時間:1分〜2分】

  3. 記事の配置と大きさを調整して、新聞スクラップを完成させます。
  4. コメントやメモも書き加えられます。

    完成

  5. PDFで保存します。
    • OCRを掛けて保存すると検索ができます。
動画

保存したデータの活用方法

新聞記事がデジタルデータ化することで、様々な活用方法が生まれます。

  1. OCRを掛けて保存すると検索機能が使えます
  2. SDカードやクラウド上に保存すると、スクラップ記事をスマートホンやタブレットで閲覧できます。
  3. スクラップ記事はメールで送付できるので、他の人に情報を伝えるのに最適です。
  4. スクラップした記事をワードやエクセルに貼り付けて文書編集するとオリジナル資料が作成できます。
商品内容を詳しく知りたい方はここをクリック
用途別

ページトップへ