トップ  カートをみる  ご利用案内  お問合せ  お客様の声  会社情報  サイトマップ

新聞スクラップの方法を比較 | 本格的ブックスキャナー スキャネックス

新聞スクラップ

新聞スクラップの種類と特徴

新聞の切り抜きをスクラップするには、いくつかの方法があります。
スクラップの方法を3種類に大別し、それぞれの特徴(長所と短所)を見ていきましょう。

項目 スキャナー
(スキャンしてフォルダに保存)
ノート
(ノートに貼り付け)
クリアファイル、封筒
(ファイルに分別して保存)
作業時間
保管場所 × ×
携帯性(持運び)
(スマホ・タブレットで全てのファイルが見られる)

ノートで持ち運び

封筒ごと持ち運び
劣化
半永久的
× ×
道具(手間)
スキャナー・PCが必要

ノート・はさみ・のり

ファイル・はさみ
編集(切り貼り)
切り貼り自由

ノートに切り貼り

紙に切り貼り
書き込み
日付、新聞名、コメントなどを書き込める

ノートに書き込む

新聞の余白に書き込む
裏面のスクラップ

コピーが必要

裏面も見ることができる
分類整理
フォルダで管理

ノートを分類別に分ける

ファイルを分類別に分ける
キーワード検索
OCRに掛けるとキーワード検索が出来る
× ×

ノートやクリアファイル・封筒を使った新聞のスクラップは、量が増えてくると保管場所の確保や分類整理、欲しい情報の検索が大変です。また、新聞が劣化する(黄ばむ)ので、長期の保存にも限界があります。
表で分かる通り、スキャナーを使って新聞スクラップをすると、以上の問題を解決することができます。

では、AMTワールドで取り扱っているスキャネックスで、実際に新聞をスクラップする方法を見ていきましょう。

スキャネックスで新聞のスクラップをする手順
  1. スキャンしたい箇所を範囲指定してスキャンします。
    • スキャネックスは、新聞をパソコン画面で見ながら、スキャンしたい場所を範囲指定できるので、簡単にスキャンできます。

      パソコン画面
      ・マウスをクリックして範囲指定(緑色)します。

  2. ファイル名(タイトル、新聞名、日付)を付けて、PDFでフォルダ別に保存します。
    (PDF・OCR、Word、リッチテキストで保存すると、検索が可能です。)

    保存画面

スキャンした新聞(画像)を切抜き編集する手順

範囲指定してスキャンした新聞(画像)からさらに必要な箇所だけを切抜き編集することもできます。

  1. スキャネックスで新聞をスキャンします。
  2. スキャンした新聞(画像)の中の、切り抜きたい箇所を範囲指定(青色)して、ホワイトキャンバスにドラグ&ドロップします。
    通常のスキャナーでは、スキャン⇒保存⇒ファイルを開く⇒編集ソフト起動⇒編集⇒保存と、多くの作業が必要でした。
    スキャネックスでは、スキャン⇒編集⇒保存と、作業を一気に行うことができるので楽です。
    【所要時間:1分〜2分】

  3. 記事の配置と大きさを調整して、新聞スクラップを完成させます。
  4. コメントやメモも書き加えられます。

    完成

  5. PDFで保存します。
    • OCRを掛けて保存すると検索ができます。
動画

保存したデータの活用方法

新聞記事がデジタルデータ化することで、様々な活用方法が生まれます。

  1. OCRを掛けて保存すると検索機能が使えます
  2. SDカードやクラウド上に保存すると、スクラップ記事をスマートホンやタブレットで閲覧できます。
  3. スクラップ記事はメールで送付できるので、他の人に情報を伝えるのに最適です。
  4. スクラップした記事をワードやエクセルに貼り付けて文書編集するとオリジナル資料が作成できます。
商品内容を詳しく知りたい方はここをクリック

本格的ブックスキャナー・スキャネックス 非破壊自炊が簡単に!

スキャネックスが更に高速で便利になって新登場
大切な本、貴重な本なので、裁断せずにスキャンしたい 本を見開いたまま、効率よく簡単にスキャンしたい 本をそのまま綺麗にスキャンしたい スキャナを置くスペースがない。机の上でスキャンしたい 以上の悩みを解決する画期的なブックスキャナーが出来ました!
ブックスキャナー5大特長 1 簡単操作 本を見開きのままスキャン 2 本の丸みを自動補正、指跡も自動消去 3 オートスキャンで連続ページスキャンが快適に 4 OCR形式、Word形式で保存 検索や編集が可能 5 軽量(本体200g)でコンパクト、持ち運びが簡単 ---------------------------------------
バージョンアップ版の特徴 バージョンアップ版の特徴 ---------------------------------------
商品内容を詳しく知りたい方はここをクリック
ご購入される方はここをクリック
POINT01 簡単操作で本を見開きスキャン 内容を確認しながらスキャンできます必要なところだけスキャンすることもできます 本の裁断は不要です 見開き2ページで効率的にスキャンします スキャナ本体 専用スタンド スタンドの高さ245mm USBコード スキャンパッド
カメラの下に本を開いて置き、スイッチを押すだけです。
省スペース
280×410mmの広さ(スキャンパッド分)があれば大丈夫です。
プレビューモード 人差し指で本を押さえます 本の四隅とノド(溝)の上下6点をセンサーが自動認識します
スイッチを押すとスキャンした後、画像処理
編集モード 本の丸み(歪み)がフラットに自動補正されます 押さえた指が自動的に消えます 接合部(本のノド)に影ができません 文字はクッキリ淡い画像も鮮明です 高画質:800万画素 1ページずつ、ページ順に保存されます。
スキャン例

1)厚い本
本を開いたままで楽々ブックスキャン、丸みの自動補正でフラットな紙面に

厚い本 右ページ

2)文庫・新書
小さい文字もクッキリ、スクロールして大活字で読むことも

文庫・新書 右ページ

3)非接触なので、壊れやすい古書・古雑誌でも安心してスキャン
紙の変色を補正して、文字をクリアにします

非接触なので、壊れやすい古書・古雑誌でも安心してスキャン 右ページ
商品内容を詳しく知りたい方はここをクリック
ご購入される方はここをクリック
スイッチを押さずに自動的に高速スキャン

ページ数の多い本を連続してスキャン(自炊)したい時は、スイッチを押さなくても自動的にスキャンできる「オートスキャン」が便利です。
撮りたいページを探しながらスキャンする時も「オートスキャン」が便利です。撮りたいところでページを静止させると、自動的にスキャンを開始します。


【実際にスキャンしている速さです】

動画が表示されない場合はこちらをクリック

■バージョンアップにより「オートスキャンモード」に「フラッシュレスモード」が追加され、スキャンスピードが大幅に速くなりました。

*スキャンサイクル(スキャンから次のスキャンまでの時間)が約8秒→5秒

(例)200ページの単行本(A5判)を見開きで連続スキャン。
⇒スキャン作業は約8分で終了。
⇒その後の画像処理も含めて17〜20分で全作業が終了。
※画像処理はバックグランドで行われるため、別の作業か可能です。
※画像処理時間はパソコンの処理スピードによって異なる場合があります。

POINT03 1ページずつのスキャンも可能

絵本、漫画(マンガ)、画集、写真集などの全面印刷(*)の本や、見開きA3 サイズ以上の大型本・雑誌は1ページずつスキャンします。
*フルブリード印刷とも言い、本の四角に白い余白のない本です。

<雑誌>
<絵本> <写真集>
軽量でコンパクト
スキャネックス(本体)は僅か200g、軽量でコンパクトなので、持ち運びが簡単です。
・外出先や図書館でもご利用いただけるハンディなブックスキャナです。
スキャネックス本体
*専用スタンドを使用せず、スキャナ本体をPCに直接取り付けてブックスキャンする方法もできます。外出時に軽くて便利です。
POINT05 どこでも読書

室内でも、移動中でも読書が楽しめます。
1)PC内にフォルダ別にデータ保存すれば、書籍の電子化、デジタル書斎が出来上がります。
2)クラウドにデータ保存すれば、タブレットやスマートホンなどの端末からも閲覧可能。外出先、通勤途中でも本を読むことができます。
3)本をスキャンしたデータを大画面テレビに映し出せば、視力が弱くても読書ができます。
*データが少量の場合はスマートホンにメール送信してもOKです。

クラウド Google Drive,Evernote,Drop Box など PC タブレット スマートホン
POINT06 多様な保存形式

用途に応じた保存形式が選べます(PDF、PDF・OCR、Word、JPEG、RITT)
1)検索可能なPDF・OCR形式で保存すると、文章検索に便利です。
*Mac版はEPUB(電子書籍)に対応

「サリバン」で検索すると「サリバン」が青いバンドで検索されます

2)Word形式で保存すると、文章の修正・編集が出来ます。
  また、言葉の意味を調べてくれる「リサーチ」や「翻訳」など、多彩なWord機能が活用できます。

リサーチ機能の利用例 インターネット上の知りたい情報が表示される

3)JPEG・BMP・TIFF・PNG形式で保存すると、画像の編集が可能です。

POINT07 便利な機能

1)編集が自由自在!
  ホワイトキャンバスを使うと、2つ以上のデータを1つのデータに結合出来るので、資料作成、教材づくりに便利です。

エノコログサを書画カメラで撮る ホワイトキャンバスに、2つの画像を集めて編集 植物図鑑をスキャンする ドラッグ&ドロップ

2)小型書類(名刺、写真、領収書など)は4枚同時スキャンが出来ます。
3)書画カメラで立体物をスキャン出来ます。
4)動画の撮影が可能です。(Skypeのカメラとしても使えます)

POINT08 応用機能 1 翻訳

PDF・OCRで保存した文章を翻訳ソフトを使って翻訳することができます。
※参考リンク:Google翻訳 https://translate.google.co.jp/

2 文章の読み上げ(音声へ変換)

スキャネックスでOCR保存した文章を音声変換ソフトを使って、パソコン・スマートホンで読み上げることが出来ます。

3 楽譜の自動演奏

スキャネックスでスキャンした楽譜を、音楽ソフトで自動演奏させることが出来ます。
※参考リンク:カワイ http://www.kawai.co.jp/cmusic/products/sm/

4 PCフォルダの検索

AdobeIFilterをインストールすることにより、ウィンドウズの全文検索機能が使えますので、PDF・OCRで保存したPC内の全ての文章が検索できます。
※参考リンク:Adobe http://www.adobe.com/jp/support/downloads/pdfi_2611.html

ブックスキャナー機能の比較

市販されている各種スキャナーの<ブックスキャナーとしての機能>を比較してみました。ご参考にしてください(業務用の大型ブックスキャナーは除きました)。

機能

形態
スキャネックス 他社
スタンドスキャナー
フラットベッド
スキャナー
シートフィード
スキャナー
ハンディスキャナー
スキャネックス 他社スタンドスキャナー フラットベッドスキャナー シートフィードスキャナー ハンディスキャナー
定義 本をバッドの上に置き、離れた上部から光を当ててスキャンする非接触型スキャナー 本をガラス台に押しつけ、下から光を当て、読取装置を動かして文字を読み取るスキャナー 本を解体してシートにし、そのシートを搬送することによって文字を読み取るスキャナー 本の表面にハンディスキャナーを当て滑らせて文字を読みとるスキャナー
本の
裁断
裁断不要 裁断不要 裁断不要 裁断が必要 裁断不要
大きさ 小型 小〜中型 中〜大型 中〜大型 小型
持ち
運び
最適 適する 不適 不適 最適
画質 綺麗
(800万画素)
画素数によって画質に差がある 本のノド(溝)が影になる。
ブックスキャン専用機は影ができないので綺麗。
綺麗 手で動かしながらスキャンするので画質は落ちる
スピード

手間
ページをめくるだけ
やや速い
オートスキャンで連続スキャンが高速化
スキャンサイクル5秒
ページをめくるだけ
やや速い
本を裏返してガラス面に押さえ付けるので、手間がかかる 速い 本の表面を滑らせながらスキャンするので、手間がかかる
丸み
補正
自動補正 一部機種に半自動補正機能あり (一部機種に補正機能あり)

消し
自動指消し 一部機種に手動指消し機能あり
値段 43,740円 1.5万円〜6万円 ブックスキャン専用機は5万円以上 3万円〜 1万円前後
(注)ブックスキャナー機能は製品によって異なります。この比較表は検討される際の参考資料としてお使いください。
商品内容を詳しく知りたい方はここをクリック
ご購入される方はここをクリック
商品詳細
商品詳細

《商品構成》
(1)本体 
 208.6×63.2×18mm (折りたたんだ状態)重さ 200g
(2)スタンド 
 245×64×18mm (折りたたんだ状態)重さ 360g
(3)スキャンパッド 
 280×205(折りたたんだ状態,広げると280×410)mm
(4)USBケーブル
(5)インストールDVD
(6)収納袋
 270×340×10mm
※クイックスタートガイド 1枚
 簡易ユーザーマニュアル(紙版) 44頁
 ユーザマニュアル(デジタル版) 100頁
 ビデオチュートリアル(動画による操作方法説明) 8本
 *1年間の製品保証付

《ハードウェア・スペック》
センサー : 8メガピクセル CMOS センサー
スキャンサイズ : A4、レターまたはそれ以下のサイズ
ビデオ画像分解能 3264×2448 1600×1200 1280×960 640×480
コマ送りスピード : 20 フレイム/秒以上
電源 :  USBバスパワー
接続 : USB 2.0、USB 3.0
ズーム : 16倍
ビデオライト : 白色LED
スキャンライト :  キセノンライト

《ソフトウェア・スペック》
OS : Windows 10, 8, 7, Vista
画像処理 : 自動原稿サイズ調整,自動回転,自動遠近補正,自動白黒調整,文字・グラフィック強調処理,自動指除去,背景除去,画像のノイズ除去,スーパー・フラットページ・テクノロジー
OCR : ABBYY Finereader 10 Engine
ビジネスカードリーダー: ABBYY BCR Engine
ファイル形式 : JPEG, BMP, Multi-Page,Searchable PDF, TIFF,Ms Word,PNG,RTF.

商品内容を詳しく知りたい方はここをクリック
ご購入される方はここをクリック

ページトップへ