バージョンアップ

7月6日にソフトウェアがVer.3.2にバージョンアップし、リリースノートやバージョンアップ情報で改善した機能をお伝えしました。今回のブログではそこではお伝えしきれなかった内容をお伝えします。

1、ハードカバーブックモード
ハードカバーの本の表紙は内側のページよりもサイズが少し大きく、表紙に影響されてページの枠がうまく認識されないことがありました。これを解消したのがハードカバーブックモードです。
なお、ハードカバーの本でも、表紙の裏に色が付いていて内側のページの色とのコントラストが大きい場合は、ハードカバーモードをオフ(画面表示:ソフトカバー)にしても、枠が正常に認識されますので問題ありません。

2、横書きモード
横書きモードにすると、文章が端に寄るのを抑えて中央に揃え、図表などの線の歪みを解消するなどの特長があります。
日本語の横書きの本をスキャンする場合はもちろんですが、英語など外国語の本の大半は横書きですので、この特長を最大限に活かすことができます。
なお、横書きの本をスキャンする場合でも、画像処理の時間を短縮させたい場合には、横書きモードをオフ(画面表示:「縦書き」)にすると、処理時間が約10%短縮できます。

3、必要HDD容量の削減
以前のバージョンでは本のページを大量にスキャンすると、大量のHDD容量(例:200ページで十数GB)が必要でした。お客様から、本のページを大量にスキャンするとフリーズするとのお問合せを頂くことがありましたが、今回のバージョンアップでHDDの使用容量が1/10となり、この問題が解消されました。

4、自動保存できるファイル形式にPNGが追加
PNG形式で保存したファイルは何度データを圧縮しても画質が劣化せず画像の透過性を活かせるなどの特長がありますので、画像編集の幅が広がります
なお、自動保存に設定すると、スキャンに失敗した画像も保存されてしまいますので注意してください。(通常は自動保存をオフにして使用します。)

[`yahoo` not found]

コメントを残す