トップ  カートをみる  ご利用案内  お問合せ  お客様の声  会社情報  サイトマップ

よくあるご質問-Q&A-

よくあるご質問-Q&A-

よくあるご質問

Q&Aコーナーは、お客様からの質問、問合せをもとに作成しました。
技術的な問題から活用方法まで幅広い分野でお答えしていきます。
不明な点、疑問点などがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

ご購入前のお客様からの質問

お客様からご購入前に質問されたことをテーマに選び「Q&A形式」でまとめました。ご検討される際の参考にしてください。
ここに書かれている以外の質問がある人は、お気軽にお問合せ下さい。→ info@amtworld.co.jp

<機能について>

Q1. 800万画素は解像度ではどの程度ですか? ->クリック

800万画素の解像度は、A4サイズの書類をスキャンした場合に300dpiに相当します。
一般的に解像度が300dpiあれば書類や本のスキャンには十分です。
スキャンする被写体が小さい場合は、スキャナーの位置を低く下げて被写体との距離を短くしてスキャンすると、解像度が更に上がります。
しかし、写真や画像を高画質のままスキャンして保存したい方には、高解像度の機能を持っている別のスキャナーをお奨めします。

Q2. Macには対応していますか? ->クリック

未対応(現在開発中です)
Mac OSにてスキャネックスを使いたい場合は、Mac上からWinodosOSを起動させて利用することが出来ます。別途、WindowsOSが必要です。

Q3.ウィンドウズ10には対応していますか? ->クリック

対応しています。

Q4. 保存したファイルをタブレットやスマートホンで見ることができますか? ->クリック

できます。
スキャンしたファイルをPDFで保存し、メール、クラウド、SDカードなどを使って、パソコンからタブレットやスマートホンに移せば、見ることが出来ます。

Q5.タブレット型のウィンドウズパソコンで使用できますか? ->クリック

CPUがIntel Core i 5以上の性能であれば大丈夫です。
最新OSのタブレット型のパソコンでも、Intel Core i5に満たない性能のCPUを搭載している機種がありますので、ご注意ください。
<言語について>

Q6. [XCANEX 日本語版]となっていますが、英文の本や書類もキチンとスキャン処理されますか? ->クリック

[XCANEX 日本語版]は英語と日本語が基本言語として使用されていますので、まったく問題ありません。
10で触れますが、日本語と英語の混合した文書を「PDF OCRファイル」で保存しますと、日本語でも英語でも文字検索できます。
また、スペイン語、フランス語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語を始め合計31言語のPDF・OCRに対応しています。
マニュアルは13言語(スペイン語、フランス語、中国語、韓国語など)のバージョンをDVDまたはHPから見ることが出来ます。
<ブックスキャンについて>

Q7. 本を見開きスキャンした時、どうやって本の丸みがフラッットに自動補正されるのですか? ->クリック

本を見開きの状態にしてスキャンスイッチを押すと、本の外周と中央の溝(のど)の位置に「文書検出フレーム(枠)」が表示され、それぞれを認識してスキャンします。
次に「フラットページテクノロジー」にという画像処理機能が作動して、本の丸みをフラットに自動補正するのです。これがスキャネックスの一番の特長です。

Q8. 本を押さえた指が自動で消えるのですか? ->クリック

本を見開きでスキャンする時、本の両サイドを指で押さえる必要があります。
この時、<自動指消し>に設定すると、「自動指除去機能」が働き、押さえた指が自動的に消えるので、本のスキャンが楽にできます。
もちろん、手動で指消しを行なう機能も付いています。

Q9. オートスキャン、タイマースキャンが出来るのですか? ->クリック

本のスキャンをマニュアル(手動)で何十ページも行なうのは大変ですから、その時役立つ機能です。
オートスキャンでは、本のページをめくり静止したころでセンサーが反応してスキャンを開始します。
慣れてきたら8〜9秒位の間隔で連続スキャンが出来ます。
タイマースキャンは、0秒、5秒、10秒など設定した時間ごとにスキャンを開始します。
慣れてきたら約8秒単位で連続スキャンが出来ます。

Q10. 雑誌や大型の本も見開きでスキャンできますか? ->クリック

見開きA3サイズの雑誌を見開きのままスキャンすると画質が落ちるのでお奨めできません。
<シングルページモード>に設定して、1ページづつスキャンすることをお奨めします。
この場合も「フラットページテクノロジー」が機能して、本の丸みはフラットに自動補正されます。
雑誌を複数ページ連続スキャンする場合は、最初に右側ページを2,4,6ページと連続スキャンし、次に雑誌をひっくり返して左側ページを7,5,3ページと連続スキャンする方法をとるため、比較的早くスキャン処理できますし、2,3,4,5,6,7とページ順に並んでデータ保存されます。
<シートスキャンについて>

Q11. 地図、新聞など大きな書類の全体をスキャンすることができますか? ->クリック

できます。
地図など大きな書類の全体をスキャンしたい場合、スキャンサイズを最大でA3サイズまで拡大することが可能です。
全体をスキャンするため、スキャナーの位置を高くする必要があります。
また、画質が低下することをご了承ください。

Q12. 地図や新聞をスキャンした後、必要なところだけ切り取って保存することはできますか? ->クリック

できます。
「ホワイトキャンパス」をクリックして用意しておき、7でスキャンした地図や新聞で必要なところをマウスでマーキー(範囲指定)して、ドラッグして「ホワイトキャンパス」上に移します。
その後、編集加工して、データ保存します。

Q13. 地図や新聞の一部だけをスキャンできますか? ->クリック

できます。
地図や新聞の中のスキャンしたいエリアの4隅をマウスで左クリックして、インジケーター(しるし)を設定してからスキャンすると、そこだけデータ化されます。

Q14.アルバムに貼り付けた写真はスキャン出来ますか? ->クリック

スキャンしたい写真を範囲指定してスキャンすることができます。歪んだ形を自動的に補正しますので、簡単かつ綺麗にスキャン出来ます。
<保存について>

Q15. データを保存する時の「ファイルの種類」にはどんなものがありますか? ->クリック

スキャネックスでは、データ保存する時の「ファイルの種類」をたくさん用意しています(細かく分けると16種類)ので、用途に応じて選んでください。
文書の保存形式として一般的にお奨めするのは「PDFファイル」です。
保存した文書を文字検索できるようにしたい場合は「PDF OCRファイル」で保存します。
保存した文章を後で修正・編集したい場合は「WORDファイル」で保存します。
画像として保存する場合には「JPEG」「Bitmap」「TIFF」「PNG」を用意しています。
また、スキャンした複数データを1枚づつ別ファイルに保存する方法と、1ファイルにまとめて保存する方法があり、いずれも選べます。

Q16.PDFの編集機能はありますか? ->クリック

保存したPDFファイルを編集したい場合は、別途ソフトウェア(無料or有料)をインストールすると可能です。
<注文について>

Q17. 電話での注文は可能ですか? ->クリック

可能です。
03-3591-8511にて、ご注文を受け付けております。
支払い方法は、代金引換(手数料は無料)、もしくは銀行振込(前払)に限らせていただきます。

Q18. ファックスでの注文は可能ですか? ->クリック

可能です。
FAX番号 03-3519-5517にて、ご注文を受け付けております。
支払い方法は、代金引換(手数料は無料)、もしくは銀行振込(前払)に限らせていただきます。

Q19. 見積書、請求書、領収書等の発行はできますか? ->クリック

可能です。
法人購入の場合は書類が必要かと思いますので、メール、電話でご希望の書類を依頼いただければ発行いたします。
領収書に関しましては、決済後、即時に電子領収書をメールで送付することが出来ます。

Q20.実機を見ることはできますか? ->クリック

弊社事務所にお越し頂ければ、実機を見て実際に操作することが出来ます。
弊社スタッフが商品の説明をさせて頂きますので、事前にご連絡を頂きますようお願い申し上げます。
住所:東京都港区西新橋1-19-3第2双葉ビル6F (JR新橋駅より徒歩8分)
TEL:03-3591-8511
<発送について>

Q21. 営業所止めは可能ですか? ->クリック

可能です。
営業所止めをご希望の際は、メール(info@amtworld.co.jp)、もしくはお電話(03-3591-8511)にて、営業所の支店名と営業所へ受け取りに行かれる方のお名前をお知らせください。

Q22.配達の日時指定は可能ですか? ->クリック

配達日及び配達時間帯を指定することができます。メールか電話でご希望の日時をお伝えください。
TEL:03-3591-8511 Email:info@amtworld.co.jp

ご購入後のお客様からの質問

購入されたお客様からいろいろと質問された事項をテーマに選び、スキャネックスを操作する上で注意してほしいことをQ&A形式でまとめました。
ここに書かれていること以外の質問がある人は、お気軽にお問合せ下さい。→ info@amtworld.co.jp

<操作入門>

Q1. スキャンパッドを置く位置と方向はどちらですか? ->クリック

スキャンパッドは、白いラベル「Align video display edge here」がスキャナー側に来るように置いてください。
そして、白いラベルと、パソコンのプレビュー画面の上端を合わせるようにして下さい。

Q2. 「文書検出フレーム」が表示しないことがあります。 ->クリック

必ず、文書検出フレームが用紙の外周に表示されている(=文書を認識している)ことを確認してからスキャンして下さい。
点灯しない原因は、
〕兒罎ディスプレイ画面の外にはみ出ている、
⊂さい用紙を押さえるために手がディスプレイ画面に大きく映っている、
J現饅萢が「マニュアル検出」になっている、
ことが考えられます。,両豺腓蓮▲好ャナーの角度と用紙の位置を調整して用紙全体がディスプレイ画面の中に収まると、フレームが表示されます。△両豺腓蓮▲好ャナーの位置を下げて用紙に近づけ、手がディスプレイ画面に大きく映らないようにして下さい。の場合は、<スキャン設定>で「マニュアルページ検出」を「オートページ検出」に設定しなおしてください。

Q3. スキャンした時、画面左上のサムネイルがピンク色になることがあるのはなぜですか? ->クリック

画像処理後にサムネイル画面がブルーになるのはスキャンした後の画像処理が成功したことを表します。
一方、ピンク色になるのは画像処理に失敗したことを表しています。
その原因の多くは上記´△任后
スキャナーと用紙の位置を再調整して下さい。

Q4. サムネイルの画像処理が終わるまで、次の作業に入れませんか? ->クリック

スキャンスイッチ(マウス又はスペースキー)を押すとライトが消えた後、フラッシュをたいてスキャン(撮影)します。
その間は7秒程です。
その後画像処理をするのに15秒程かかりますので、処理が全て終わる(=サムネイル画面がブルーになる)のに22秒程かかります。
しかし、書類を別の書類に置き換えたり、本を次ページに繰って、スキャンスイッチを押す作業はスキャン(撮影)が終わったら直ちに行うことができるので、7-8秒間隔で次行程のスキャン作業が出来ます。

Q5. ソフトウェア(Perfecapture)のアイコンをクリックしても、ソフトウェアが起動しない。 ->クリック

ソフトウェアが正常にインストールされなかった可能性があります。
ソフトウェアをアンインストールし、再度インストールし直してください。
その際、コンピュータの再起動を必ず行ってください。

Q6. ソフトウェアを起動させると「USBを差し直してください」というメッセージが出て先に進めない。 ->クリック

パソコン側と本体側のUSBを強く挿し直してください。
新品のため最初は本体側のUSBコネクタがきついことがあります。本体側のUSBコネクタは特に強く挿しこんでください。
<保存について>

Q7. 自動保存に設定した方がいいですか? ->クリック

自動保存は、スキャンしたものを全て保存する場合にお勧めします。
保存場所(フォルダ)とファイルの種類を指定してください。
スキャンしたものを取捨選択して保存する場合や、被写体によって保存場所を変える場合は、自動保存でなく手動保存を選択してくだい。
通常は自動保存をオフにしてお使いください。

Q8. 保存する「ファイルの種類」を選ぶわかりやすい基準を教えてください。複数ページで保存するのはなぜですか?

文書(画像も可)の保存形式として一般的にお奨めするのは「PDFファイル」です(PDFは少ないデータ容量で保存できる、文章が改ざんが出来ない等の利点があります)。
複数の文書をまとめてPDFに保存する場合は、「PDF複数ページファイル」を指定してください。
「PDF1ページファイル」で保存すると1ページづつ別ファイルに保存されますので注意して下さい。
保存した文書を文字検索できるようにしたい場合は「PDF OCR画像(複数ページ)ファイル」で保存して下さい。
保存した文章の修正、編集したい場合は「WORD(複数ページ)ファイル」で保存して下さい。
画像だけをスキャンし、画像として利用したい場合は、JPEG Bitmap TIFF PNG のファイルを選ぶとよいでしょう。

Q9. OCRは何?どんな点を注意して利用したらいいですか? ->クリック

ORCは、Optical Character Recognition の略、光学文字認識のことで、スキャナーで取り込んだ文字の画像を、コンピュータで編集できる形式(文字コードの列)に変換することで、PDF・OCR、Word、RTFなどの保存形式があります。
小さな文字や、映りの悪い文字は正しく文字変換されない場合がありますので注意して下さい。
また、OCRで保存すると、通常保存の約3倍の時間がかかりますので、検索や編集を行う場合に限ることをお奨めします。
●日本語文を文字検索可能なPDFデータとして保存する時は、「PDF・OCR画像(複数ページ)ファイル」で保存します(「PDF・OCRテキスト(複数)ファイル」は文字化けすることがありますので日本語文には使わないで下さい)。
●英語文を文字検索可能なPDFデータとして保存する時は、「PDF・OCRテキスト(複数ページ)ファイル」を使用します。
●保存した文章データを修正、編集したい場合は、「Word(複数ページ)ファイル」で保存します(文字が切れて見える場合は、行間を広げてください)。
●翻訳ソフト(英語文→日本語文、日本語文→英語文)を使いたい場合は「RTF(リッチテキスト)ファイル」で保存することをお奨めします。「Word(複数ページ)ファイル」「PDF・OCR(複数ページ)ファイル」でも可能ですが、画像(写真・イラスト)を含んだ文章の場合は翻訳ソフトが機能しないことがあります。
●PDFで保存した文章データを検索だけでなく、修正・編集も出来るようにしたい場合は、PDFを提供(無料)しているAdobe(アドビ)社のAdobe Acrbat(アドビアクロバット)が必要です(有料購入になります)。
●ご自身の使い慣れているスキャネックス以外のOCRソフトをご利用になりたい場合は、スキャンデータを一度画像ファイル(TIFFなど)で保存すれば、そのOCRソフトを利用することができます。
<ブックスキャンについて>

Q10. 本を見開きスキャンする時の注意点は何ですか? ->クリック

本を見開きでスキャンをする時は、「文書検出フレーム」が本の外周と「のど」に表示されたらスキャンスイッチを押してください。
本の縁(ふち)の部分に図版や写真などがある場合、センサーがそれに反応してフレームが正しくない位置に移動することがありますが、そのままスキャンすると画像が歪んで映ってしまいます。
その時は、本を少しだけ動かしてフレームが正しい位置に戻ったことを確認してからスキャンスイッチを押してください。
それでも画像が歪んで映ってしまった場合、次のようにして画像の歪みを修正することができます。
⇒.汽爛優ぅ襦塀名画像)をクリックしてスキャン画像をメインパネルに表示させ、「編集パネル」の「ドキュメント定義」をクリックする。▲ぅ鵐献院璽拭爾鯔椶4隅の正しい位置に手動で合わせ、再度、「ドキュメント定義」(または、「完了ボタン」)をクリックする。
また、見開きA4サイズの本でも、千ページ前後の厚い本の場合は、ディスプレイ画面の中に本全体が収まらない場合があります。その際は、スタンドの下に厚い辞書を置くなどしてスタンドを数センチ高くしてお使いください。

Q11. 本のカバーは着けたままスキャンしてもよいですか? ->クリック

本のカバーの色などに惑わされて、インジケーターが本の四隅の認識を誤ることがあります。
カバーは出来るだけ取ってスキャンすることを奨めます。

Q12. 自動指消しが出来ないのですが。 ->クリック

\瀋螢癲璽匹離好ャン設定を見て、「自動指消し」にチェックが入っているかどうか確認し、チェックを入れて下さい。
∨椶魏,気┐い訖雄校悗文字の上に載っていませんか。人差指は本の左右の余白部分に置いてください。
それでも指の後が残った場合は、手動で指消しをしてください。

Q13. 本を指で抑える時に工夫する点は何ですか? ->クリック

スキャネックスは本の丸みを自動補正するのが特長ですが、丸みは小さい方が映りが良いことは言うまでもありません。
最初に、本の中央部分を手で抑えて丸みを減らしておいてください。
また、本を人差指で抑えながら中央から縁へとずらしていった後にスキャンをすると、丸みが小さくなります。

Q14. 本を連続してスキャンする時に注意する点は何ですか? ->クリック

同じ本を連続してスキャンする時は、アイコンを「複数の本をスキャン」から「一冊の本をスキャン」に切り替えることをお奨めします。
「複数の本をスキャン」でスキャンすると、PDFファイルとして保存した時、本のサイズが少しづつ不揃いになります。
また、数百ページにわたって、連続スキャンする際に、Cドライブの残容量が少ないと、フリーズする場合があります。
容量を確認してから連続スキャンを行なってください(A5判の単行本200ページを連続スキャンする時→残容量は20GB程度を推奨します)。

Q15. 本を連続スキャンする時、どのタイミングでページをめくるとよいですか? ->クリック

スキャンスイッチを押してからスキャン(撮影)するまで7秒程かかります。
その後の画像処理に12秒程かかりますが、画像処理が終わる迄待つ必要はありません。
スキャン(撮影)が終わったら、次ページにめくり、指で押さえて次のスキャン作業を行って下さい。
また、連続スキャンでは、自動(オート)スキャンか、等間隔スキャンに設定して行うことをお奨めします。

Q16. 自動(オート)スキャンと等間隔(タイマー)スキャンはどう違うのですか? ->クリック

オート(自動)スキャンは、被写体である書類が動いている間は作動せず、動きが止まるとセンサーが反応してスキャンを開始します。本のページを繰ってスキャンしたいページを探しながらスキャンする場合に便利です。
また、本の連続スキャンに慣れてきたら、8〜9秒間隔(スキャンサイクル)で連続スキャンすることが出来ます。
タイマー(等間隔)スキャンは、0秒、5秒、10秒など設定した時間ごとにスキャンを開始します。
本の連続スキャンに慣れてきたら、0秒、5秒のタイマースキャンに設定すると、0秒タイマーの場合は8秒単位、5秒タイマーの場合は13秒単位で連続スキャンすることが出来ます。
オートスキャンを行う時は、「タイマー設定」をオフにしてください。記号がT(タイマー)からA(オート)に替わります。
又、センサーが反応しない時は、スキャナーの前で手を動かしてセンサーの反応を促すとスキャンを開始します。
自動スキャン、タイマースキャンを中止したい時は、記号をクリックしてA、TからM(マニュアル)に切り替えます。

Q17. 手動で本をスキャンする時の注意点は何ですか? ->クリック

少ないページ数をスキャンする時は手動のスキャンでも十分できます。
本を指で押さえてスキャンする時は、スキャンスイッチはマウスよりもスペースバーを使うことをお奨めします。
スペースバーを押してから人差指で本を押さえてもスキャンに間に合います。
又、本の縁に図版や写真が多い本などは、センサーがそれに反応して「文書検出フレーム」が本の外周を正しく示さないことが時々あります。
その場合はフレームの形を修正する必要がありますので、オートスキャン、タイマースキャンより手動でスキャンする方がよいかもしれません。

Q18. 本を見開きでなく、1ページづつスキャンするのはどんな時ですか? ->クリック

本のスキャンには、横書きの本を見開きでスキャンする「デュアルページ(左→右)」、縦書きの本を見開きでスキャンする「デュアルページ(右→左)」、本を1ページずつスキャンする
「シングル(単一)ページ」の3つのモードがあります。「シングルページ」モードでスキャンするのは次の場合です。
仝開きでA4サイズを超えるような大型本や雑誌。文書処理は「オートページ検出」で行います。
⊃淅如写真・マンガのある本で、本の四隅に余白がないフルブリード印刷(全面印刷)の本。文書処理は「セミオート検出」を設定して1ページずつスキャンして下さい(四隅に余白がないと「文書検出フレーム」が本の外周を正しく認識しないため)。
なお、図版・写真・マンガのある本でも、四隅に余白があるものは見開きスキャンが出来ます。

Q19. スキャンした画像が上下逆になることがあるのはなぜですか? ->クリック

スキャネックスがスキャンする時、文字や図の配列によって本の上下を自動検出しております。
上下を逆転して検出することが時々あり、その時は画像が上下逆になります。
保存する際には、メインパネルのサムネイルを確認して、上下が逆転している画像は回転させて直してから、PDFファイルに保存して下さい。
なお、保存した後に画像の逆転に気が付いた場合でも、メインパネルに画像が残っている間は修正が可能ですので、画像修正の上、上書き保存して下さい。
<シートキャンについて>

Q20. 地図、新聞など大きな書類全体をスキャンできますか? ->クリック

地図など大きな書類の全体をスキャンしたい場合、最大でA3サイズまで拡大が可能です。
モニター画面に撮りたい地図エリアが収まらない時は、スキャナーを厚い本などの上に置いて5-8センチ高くしてください。
地図が画面内に収まったことを確認してからスキャンします。
地図がスキャンパッドをはみ出している時は、「文書検出フレーム」による自動認識はしません。
文書処理は「マニュアルページ検出」に変更してください。
インジケーターがグリーンに替わります。
次に、撮りたいエリアの4隅をマウスで左クリックしてインジケーターを4カ所設定してからスキャンします。
なお、A3サイズに拡大すると画質が低下することをご了承ください。

Q21. 地図や新聞をスキャンした後、必要なところだけ切り取って保存することはできますか? ->クリック

できます。
まず「編集パネル」を開き、「キャンパス」をクリックしてキャンパスをを広げます。
次に、18でスキャンした地図や新聞で必要なところをマウスでマーキー(範囲指定)して、ドラッグしてキャンパス上に写しします。
その後、編集加工したりして、データ保存、メール、印刷をすることが出来ます。

Q22. 地図や新聞の一部だけをスキャンすることはできますか? ->クリック

できます。
文書処理を「マニュアルページ検出」に設定し、地図や新聞の中の撮りたいエリアの4隅をマウスで左クリックしてインジケーターを4カ所設定してからスキャンします。
<ソフトウェアについて>

Q23. DVDドライブが付いていないパソコンにもソフトウェアをインストールすることができますか? ->クリック

弊社ホームページからDVDに入っているものと同じソフトウェアを無料でダウンロードできます。
こちらのページから「フルインストーラ」を選択し, ダウンロードしてください。

Q24. ソフトウェアを複数のパソコンにインストールすることは出来ますか? ->クリック

ソフトウェアはご自宅用と仕事用のパソコンなど、複数のパソコンにインストールして使うことができます。

Q25. ソフトウェアのバージョンアップは無料でできますか? ->クリック

弊社ホームページの「最新バージョン情報」から無料でダウンロードできます。
ソフトウェアのバージョンが更新された場合は、ご購入されたお客様にメールでお知らせいたします。

Q26. 最新のマニュアルが欲しい。 ->クリック

ホームページの「ダウンロード」から「簡易ユーザーマニュアル」と「ユーザーマニュアル」が入手できます。

ページトップへ