トップ  カートをみる  ご利用案内  お問合せ  お客様の声  会社情報  サイトマップ

レコードプレーヤーの選び方

レコードプレーヤーの選び方


昔集めたレコードが、再生するプレーヤーが無かったり、再生するプレーヤーがあっても今は使用せず押入れにしまったままになっている方がいると思います。今では手に入らない貴重な音源があるため、場所を取って困っていてもなかなか捨てられない方も多いと思います。
レコードが劣化する前にデジタル化をして、貴重な音源を守りましょう。レコードを再生して楽しむだけでなく、好きな音楽をデジタル化して、パソコンやスマートホンでいつでもどこでも聞けるようにすることをお勧めします。
レコードプレーヤーやアンプ、スピーカーを現在持っているかどうかで必要な機器はどれか、分かるように表にまとめました。


レコードプレーヤーを持っていない方

アンプ、スピーカーを持っていない
CDレコーダー
レコード・CD・カセット一体型プレーヤー

レコードをCDに直接録音(デジタル化)できます。
パソコンにつなげてパソコンに録音(デジタル化)することもできます。
スピーカーがついているので、録音しながらレコードを聴いて楽しめます。
パソコンに録音した音をこのスピーカーを使って、高音質で聞くことができます。


アンプ、スピーカーを持っている
レコードプレーヤー
USB端子付きレコードプレーヤー

USB端子の付いているプレーヤーなので、プレーヤーとパソコンをUSBケーブルでつなぐだけでレコードの音を録音(デジタル化)することが出来ます。
CDを超える音質でデジタル化する高音質ハイレゾ録音が可能な機種があり、右リストの上から2つ目と3つ目がそれにあたります。

レコードプレーヤー レコードプレーヤー レコードプレーヤー

レコードプレーヤーを持っている方

オーディオキャプチャー
アナログ・デジタル変換ケーブル
(=オーディオキャプチャー)

変換ケーブルを使って、プレーヤーとパソコンを繋げるだけで簡単に録音(デジタル化)することが可能です。
低価格なので、気軽にレコードのデジタル化が始められます。

カセットプレーヤーの選び方


カセットテープは音楽だけでなく、昔の生活の記録など、思い出の詰まったものが多いと思います。
カセットテープは高い温度や湿気に弱いので、保存したままだと劣化していきます。デジタル化することによって永遠に思い出を残すことができるだけでなく、保管場所の省スペース化にもなります。
デジタル化することによって、曲ごとの頭出しや繰り返し再生などができるようになるので、音源の活用の幅が広がります。
カセットプレーヤーやアンプ、スピーカーを現在持っているかどうかで必要な機器が分かるように表にまとめました。


カセットプレーヤーを持っていない方

アンプ、スピーカーを持っている
CDレコーダー・カセットデッキ
CD/カセットデッキ

カセットテープをCDに録音(デジタル化)することが出来ます。
パソコンを操作する必要がないので、パソコンが苦手な人でも大丈夫です。
再生する音質が良いのが特長です。


アンプ、スピーカを持っていない
ターンテーブル/カセットプレーヤー/CDレコーダー
レコード・CD・カセット一体型プレーヤー

カセットテープをCDに録音(デジタル化)することが出来ます。
パソコンにつなげて録音することもできます。
スピーカーがついているので、録音しながらカセットテープを聴いて楽しめます。
パソコンに録音した音をこのスピーカーを使って、高音質で聞くことができます。

SDカード付き携帯カセットプレーヤー
記録する蔵

カセットテープをSDカードにデジタル保存します。
パソコンの操作がいらず簡単です。
携帯型なので場所を取りません。
デジタル保存した音源をこのカセットプレーヤーを使って再生して楽しめます。
SDカードにデジタル保存した音源はパソコンを使って再生することもできます。

カセットプレーヤーを持っている方

アナログ・デジタル変換ケーブル
(=オーディオキャプチャー)
オーディオキャプチャー

変換ケーブルを使って、カセットプレーヤーとパソコンを繋げるだけで簡単に録音(デジタル化)ができます。
低価格なので、気軽にカセットテープのデジタル化が始められます。

選び方