トップ  カートをみる  ご利用案内  お問合せ  お客様の声  会社情報  サイトマップ

バージョンアップ情報

スキャネックスが、新しいバージョン3.211にアップグレードされました!(2016.12.27)

バージョンアップの手続きをされる方は、こちらをクリックしてください。

バージョン3.208で改良された点(2015.7.15)


1.ハードカバーブックモード

ハードカバーの本をスキャンする際に、本の表紙を誤認識することがあり、手動で枠(フレーム)を指定したり、ページの下に下敷きを挟んだりする必要がありましたが、「高性能フレーム検出テクノロジー」によりその必要はなくなりました。

2.横書きモード

「横書き最適化テクノロジー」により、横書きの本をスキャンした時に生じる文や図表のカーブ(歪み)を真直ぐに直し、文面を中央に揃えます。

3.「データ高圧縮技術」により、ハードディスクの使用容量を1/10にしました。容量の少ないSSDドライブを搭載しているパソコンでも空き容量を気にすることなくスキャンできます。一度に500ページの本をスキャンしてもハードディスクの使用容量は5GB以下です。

4.自動保存できるファイル形式にPNG形式が加わりました。

バージョンアップ3.205の詳しい内容を知りたい方は、こちらをクリックしてください。



バージョン3.001で改良された点(2015.1.1)


1. スキャンサイクルを短縮

本の複数ページを連続でスキャンする時の「スキャンサイクル」(スキャンしてからページをめくり次のスキャンをするまで)を、今までの15秒前後から8秒前後と約半分に短縮しましたので、軽快なスキャン作業が実現しました。

2. 「フラットページテクノロジー」の機能向上

本の丸み(歪み)をフラット(平ら)にする「フラットページテクノロジー」は「スーパーフラットページテクノロジー」へ進化し、わずかな文字の歪みも残しません。(下図を参照)

3. 写真の画質が向上

「画像モード」を選択した際の写真の発色が鮮やかになり、一段とオリジナル画像に近付きました。

4. 見やすい表示画面で正確にスキャン

スキャンをするタイミングを画面上で教えてくれる「スキャンインジケータ(目印)機能」を追加し、高速にスキャンする際の利便性を向上させました。

5. 大量スキャンでのトラブルが減少

ソフトウェアの構造を見直すことにより、大量のページを一度にスキャンしてもスムーズに動作し、フリーズなどのトラブルの発生を抑えることに成功しました。

6. USB3.0でも安心

USB3.0ポートに繋げた際の動作が更に安定しました。

バージョン2.111で改良された点(2014.7.17)

1.  文字の認識精度を高めることで、OCRの変換率が向上しました。

2.  画像のコントラストを深く、背景をクリアにすることで、画像がより鮮明になりました。

3.  画像の淡い影を残すことで、画像が立体的になり、かすかな手書きの文字や色も再現されました。

4.  明るく現実味のある色彩にすることで、自然でバランスのとれた色彩になりました。

5.  本のスキャンの読み取り精度を高めることで、厚手の本の文字の歪みがなくなりました。 

他社製スタンドスキャナー  スキャネックス2.111バージョン  

 画像がより正確で鮮明です


商品内容を詳しく知りたい方はここをクリック

ページトップへ